So-net無料ブログ作成
ドラマ 家族狩り ブログトップ

ドラマ 家族狩り 第1話 あらすじ [ドラマ 家族狩り]



メッチャ楽しみ(^o^)期待しています。


2014年7月4日(金) 22時00分~23時14分


概要
家族の意味を問いかける天童荒太の問題作を松雪泰子の主演でドラマ化

直木賞作家・天童荒太の同名小説を原作とした、
松雪泰子主演の連続ドラマ「家族狩り」。

松雪は、「家族という形態の檻に縛られた人間たちが織りなす、悲しみ、狂気、
ユーモアがバランスよく表現されています」と見どころをアピールする。

同ドラマは、認知症の父とその介護に疲れた母を抱える
児童心理司・氷崎游子(松雪泰子)、惰性で美術教師を続ける巣藤浚介(伊藤淳史)、
警視庁捜査一課の刑事・馬見原光毅(遠藤憲一)の3人を中心に、
自らの家庭と向き合いながら、ある一家心中事件から始まる不可解な事件に
翻弄される姿を描く。



あらすじ
児童ケアセンターの児童心理司・游子(松雪泰子)は、駒田(岡田浩暉)という
酒乱の父親に虐待されている女児・玲子(信太真妃)のことで胸を痛めていた。

また、游子は家に帰れば、アルツハイマー型認知症の父・清太郎(井上真樹夫)と、
看病に疲れた母・民子(浅田美代子)との3人暮らしで心の休まる場所がない。

一方、高校の美術教師・浚介(伊藤淳史)は、恋人・美歩(山口紗弥加)から
結婚を迫られているが、家庭をつくることに強い抵抗を感じていた。

そんな折、浚介の住むマンションの隣で一家心中事件が起きる。

少年が祖父と両親を殺害し、遺書を書いて自殺していた。

警視庁捜査1課の刑事・馬見原(遠藤憲一)は遺体の状況から、
所轄が断定した一家無理心中という捜査結果に疑念を抱く。



出演
松雪泰子 伊藤淳史 北山宏光 浅田美代子 財前直見 遠藤憲一
















ドラマ 家族狩り ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます