So-net無料ブログ作成
大河ドラマ 黒田官兵衛 ブログトップ

大河ドラマ 軍師官兵衛 第18話 あらすじ [大河ドラマ 黒田官兵衛]


5月4日(日) 20時00分~20時45分 NHK

あらすじ
播磨平定を順調に進める官兵衛(岡田准一)と秀吉(竹中直人)たちは、
三木城の攻略を始めていた。

官兵衛と半兵衛(谷原章介)両名の案により、
城を厳重に囲って兵糧攻めをすることとなる。

さらに毛利の反撃を阻止するために、
宇喜多直家(陣内孝則)に織田側に付くよう官兵衛が説得に向かうが、
逆に直家に「背後に用心しろ」と謎めいた忠告を受ける。

時を同じくして安土城では、
播磨攻めの失態から信長(江口洋介)の機嫌を損ねた村重(田中哲司)が
必死の申し開きをしていた。

何とか信長を説得した村重だったが、
家臣の一部が敵方である本願寺とつながっており、
さらに兵糧まで運び込んでいたことを知る。

信長に知られれば確実に処刑されることを確信した村重は、
このことを隠し通そうとする。 


出演
岡田准一,中谷美紀,谷原章介,内田有紀,生田斗真,
春風亭小朝,鶴見辰吾,田中哲司,桐谷美玲,濱田岳,
速水もこみち,高橋一生,金子ノブアキ,田中圭,
勝野洋,近藤芳正,眞島秀和,山路和弘ほか

















大河ドラマ 軍師官兵衛 第17話 あせすじ [大河ドラマ 黒田官兵衛]



4/27 20:00 ~ 2014/04/27 20:45 NHK総合


あらすじ
官兵衛(岡田准一)と秀吉(竹中直人)は毛利の大軍に包囲された上月城を救おうとするが、
信長(江口洋介)の厳命で見捨てる羽目となってしまう。

官兵衛は断腸の思いで城に潜入、鹿介(別所哲也)に別れを告げる。

織田の非情さに村重(田中哲司)や政職(片岡鶴太郎)は動揺する。

一方、宇喜多直家(陣内孝則)の動きを警戒した毛利方の小早川隆景(鶴見辰吾)は撤退を決断、
左京進(金子ノブアキ)の志方城も見捨てられてしまう。


出演
岡田准一 中谷美紀 谷原章介 高岡早紀 別所哲也 江口洋介 
陣内孝則 黒木瞳 竹中直人 柴田恭兵















大河ドラマ 軍師官兵衛 第15話 あらすじ [大河ドラマ 黒田官兵衛]



4月13日 (日) 20:00-20:45 NHK総合

あらすじ
光(中谷美紀)の姉・力(酒井若菜)の嫁ぎ先である
上月城が落ちた。

秀吉(竹中直人)は播磨平定に成功するが、
光の兄・櫛橋左京進(金子ノブアキ)は、官兵衛(岡田准一)が
兄妹の間を引き裂いたと言って恨む。

そんな中、秀吉は毛利との正面衝突に備え、
播磨の諸将を集めて評定を開くが、裏では思いも寄らない
毛利の陰謀が張り巡らされていた。

一方、本願寺との和睦交渉に失敗した荒木村重(田中哲司)は、
信長(江口洋介)から、秀吉の配下で戦うよう命じられる。


出演
岡田准一 中谷美紀 竹中直人


















大河ドラマ 軍師官兵衛 第8話 あらすじ [大河ドラマ 黒田官兵衛]



2月23日 (日) 20:00-20:45 NHK総合


あらすじ
官兵衛(岡田准一)は小寺家の使者として岐阜城を訪れ、
信長(江口洋介)に謁見(えっけん)した。

明智光秀(春風亭小朝)ら織田家の重臣たちが居並び、
信長の鋭い視線にさらされる中、官兵衛は必死の思いで
播磨攻略法を説く。

その弁舌を気に入った信長は官兵衛に
「圧切(へしきり)」という名刀を授け、
播磨攻めの総大将として秀吉(竹中直人)を紹介する。

気さくな秀吉は官兵衛を長浜城に連れていく。

一方、御着に毛利の調略の手が入っているのに気が付いた
職隆(柴田恭兵)は、光(中谷美紀)に政職(片岡鶴太郎)の
急所である妻・お紺(高岡早紀)に口添えするよう命じた。

そして政職は、織田に付くことを決意する。

そんな中、官兵衛は秀吉から妻・おね(黒木瞳)や
石田三成(田中圭)ら家臣と引き合わされる。


出演
岡田准一 中谷美紀 谷原章介 内田有紀
高岡早紀 春風亭小朝 鶴見辰吾 濱田岳
速水もこみち 高橋一生 江口洋介 片岡鶴太郎
黒木瞳 竹中直人 柴田恭兵

















大河ドラマ 軍師官兵衛 第6話 あらすじ [大河ドラマ 黒田官兵衛]



2月9日 (日) 19:15-20:00 NHK総合


あらすじ
赤松との合戦で多くの犠牲を出した黒田家に新たな家臣が集まる。

荒くれ者の太兵衛(速水もこみち)がしばしば問題を起こす中、
官兵衛(岡田准一)は善助(浜田岳)に家中をまとめるよう命じる。

そして官兵衛は、善助と太兵衛に義兄弟の契りを交わさせる。

また、叔父の休夢(隆大介)は、光(中谷美紀)に
2人目ができないことを暗にほのめかす。

悩んだ光は官兵衛に側室を持ち子どもをつくることを勧めるが、
官兵衛は仕事が山積みだと聞き入れない。

一方、信長(江口洋介)は義昭(吹越満)が挙兵するよう仕向け、
これを追放し、権力を天下に示す。荒木村重(田中哲司)も
信長に服従したと聞いた官兵衛は、摂津の国主に任じられた
村重と再会。

うたげの席で官兵衛は村重の妻・だし(桐谷美玲)と出会う。


出演
岡田准一 中谷美紀 谷原章介 内田有紀 
桐谷美玲 濱田岳 江口洋介 片岡鶴太郎 
竹中直人 柴田恭兵ほか
















大河ドラマ 軍師官兵衛 第5話 あらすじ [大河ドラマ 黒田官兵衛]



2月2日 (日) 20:00-20:45 NHK総合


あらすじ
家督を継いだ官兵衛(岡田准一)は、光(中谷美紀)との間に
嫡男・松寿丸(後の黒田長政)をもうけた。

武兵衛(永井大)も侍女のお国(中川翔子)と恋仲になり、
黒田家には穏やかな時が流れていた。

一方、織田信長(江口洋介)はついに上洛(じょうらく)を果たす。

次期室町幕府将軍・足利義昭(吹越満)を守護するというのが
大義名分だった。

そして永禄11(1568)年10月、義昭は第15代将軍に就任する。

ご満悦の義昭が信長を副将軍に任じようとするが、
信長は断り、代わりに堺、大津、草津に代官を置くことを願い出る。

また藤吉郎(竹中直人)は、天才軍師・竹中半兵衛(谷原章介)を
陣営に引き入れる。

そんな中、黒田の宿敵・赤松政秀(団時朗)が兵を挙げるが、
官兵衛の奇襲に敗退。

しかしひと月後、再び赤松軍が大軍を率いて姫路を襲う。


出演
岡田准一 中谷美紀 谷原章介 春風亭小朝 吹越満 
江口洋介 塩見三省 片岡鶴太郎 竹中直人 柴田恭兵ほか



















大河ドラマ 軍師官兵衛 第4話 あらすじ [大河ドラマ 黒田官兵衛]



1月26日 (日) 20:00-20:45 NHK総合


あらすじ
1567(永禄10)年正月。室町幕府が衰退する中、
征夷大将軍の座を狙う足利義秋(吹越満)は、
越前から上洛する機会をうかがっていた。

だが賛同者が現れず、焦る義秋は全国の大名に
書状を送り、上洛の供をするよう呼び掛ける。

御着城で書状を受け取った政職(片岡鶴太郎)は
上機嫌になるも、職隆(柴田恭兵)にも届いていた事を知り、
謀反を起こされるのではと疑念を抱く。

一方、お紺(高岡早紀)から話を聞いた官兵衛(岡田准一)は
断固否定し、職隆に伝えるも嫌な予感がよぎる。

程なく官兵衛と職隆は政職の狩りの供として志方城へ。

官兵衛はそこで、数日前に城下で偶然出会った
櫛橋左京亮(益岡徹)の娘・光(中谷美紀)と再会。

光には姉・力(酒井若菜)がおり、
政職は黒田家との結び付きを強くするため、
官兵衛に力との結婚を勧める。


出演 
岡田准一 中谷美紀 片岡鶴太郎 柴田恭兵















大河ドラマ 軍師官兵衛 第2話 あらすじ [大河ドラマ 黒田官兵衛]



1月12日 (日) 20:00-20:45 NHK総合


あらすじ
1561(永禄4)年。官兵衛(岡田准一)が主君・政職(片岡鶴太郎)の
近習を務めることになり、幼なじみの母里武兵衛(永井大)を連れて
御着城へ。

黒田家は外様のため、
櫛橋左京進(金子ノブアキ)らによそ者扱いされるも気にせず、
父・職隆(柴田恭兵)の命令通り、政職やその妻・お紺(高岡早紀)に尽くす。

翌年、敵対する赤松政秀(団時朗)が挙兵し、
官兵衛は初めて戦に出ることに。

軍議中、先鋒に加わりたいと名乗りを上げる左京進に対し、
官兵衛は出遅れてしまう。

やがて合戦が始まり、両軍が激突する。

官兵衛は政職に戦況を知らせるため、
武兵衛を連れて最前線の様子を偵察。

人が斬られる場面を初めて目の当たりにした官兵衛はぼうぜんとする。

それでも、敵のわなに掛かった左京進に気付き、
軍を指揮する職隆に伝えるため、急いで馬を走らせる。


出演
岡田准一 柴田恭兵 







★  バレンタイン2014はコチラ  ★








年始特集 大河ドラマ 黒田官兵衛ボイス [大河ドラマ 黒田官兵衛]


2014年1月1日 18:05~18:50 NHK総合

内容
50人の生の肉声を通して、現代ニッポン人の本音に迫る
視聴者参加型のインタビュー番組。

新春スペシャルでは恒例となっている大河ドラマの特集を放送する。

2014年の大河ドラマの主人公は、豊臣秀吉を天下人へ押し上げた
稀代の天才軍師・黒田官兵衛。

知力を尽くした策略だけでなく、
生涯50数度の戦いで負けを知らなかった戦の天才。

番組ではその制作現場に潜入し、主演の岡田准一をはじめ、
共演者の竹中直人、速水もこみち、黒木瞳、桐谷美玲など
豪華キャストに意気込みを聞くほか、舞台裏で奮闘する
製作スタッフや裏方さん、さらに熱気あふれるロケ現場の様子を
総勢50人の声でつづる。

そこから見えてくる黒田官兵衛の姿をMCの春風亭昇太、
小池栄子が読み解いていく。

天才軍師でありながら、和歌や茶をたしなむ文化人であり、
側室を持たずにただ一人の妻と添い遂げた魅力あふれる男の生涯は、
今の日本にどのようなメッセージを送るのか。















大河ドラマ 黒田官兵衛 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます