So-net無料ブログ作成
大河ドラマ 八重の桜 あらすじ ブログトップ
前の10件 | -

大河ドラマ 八重の桜 最終回 あらすじ [大河ドラマ 八重の桜 あらすじ]



12月15日 (日) 20:00-21:00 NHK総合


あらすじ
1894(明治27)年、八重(綾瀬はるか)は篤志従軍看護婦として、
広島陸軍予備病院で日清戦争の負傷兵たちを看護していた。

院内ではコレラや赤痢などが発生して危険な状態だったが、
八重は感染にひるむことなく勇敢に看護に従事し、
若い看護婦たちを見事に統率する。

1996(同29)年、八重を温かく見守ってきた佐久(風吹ジュン)が
この世を去った。

佐久と前後するように、登美(香野百合子)や久栄(門脇麦)も
病で亡くなり、八重は一人、同志社の学生を見守っている。

八重は広島での看護の功績がたたえられ、
皇族以外の女性では初となる宝冠章を叙勲。

しかし、戦争がきっかけとなった叙勲を、
八重は素直に喜ぶことができずにいた。

そして、晴れない気持ちを抱いたまま帰郷した会津で、
八重は思いがけない人物と再会する。


出演
綾瀬はるか 玉山鉄二 勝地涼 風吹ジュン 
反町隆史 西田敏行






冷え取りグッズはコチラ 











大河ドラマ 八重の桜 第47話 あらすじ [大河ドラマ 八重の桜 あらすじ]



11月24日 (日) 20:00-20:45 NHK総合

あらすじ
同志社の大学設立に奔走する襄(オダギリジョー)だが、
心臓病を患い体調の思わしくない日が続いていた。

八重(綾瀬はるか)は資金集めのために動き回ろうとする
襄を必死になって制止するが、襄は一向に聞き入れない。

襄は八重と共に東京帝国大学に健次郎(勝地涼)を訪ね、
科学の重要性を広く世に伝えるため力を借りることになる。

また、外務大臣の大隈重信(池田成志)が開いた集会で襄は、
現在の価値で億を超える額の寄付を集める。

だが、襄はその場で倒れてしまう。

ついに主治医が八重に襄の余命が長くないと告げる。

そんな中、徳富蘇峰(猪一郎=中村蒼)の計らいで、
「同志社大学設立の旨意」という資金集めの広告が、
雑誌や主要新聞に掲載される。

寄進者が集まりだすと、襄は再び不調な体にむちを打って
仕事に向かおうとする。


出演
綾瀬はるか 西島秀俊 オダギリジョー  






★  2014年カレンダーはコチラ  ★











大河ドラマ 八重の桜 第43話 あらすじ [大河ドラマ 八重の桜 あらすじ]



10月27日 (日) 20:00-20:45 NHK総合

あらすじ
襄(オダギリジョー)は八重(綾瀬はるか)と共に、
同志社大学の設立を陳情するため東京の勝海舟(生瀬勝久)の元を訪ねた。

そして、その帰りに山川家をめぐって起きた騒動を解決しようと試みる。

騒動とは、元薩摩藩士の陸軍中将・大山(反町隆史)が、
長期留学から帰国したばかりの山川家の末娘・捨松(水原希子)を
嫁に欲しいと日参している珍事だった。

長兄の浩(玉山鉄二)は少し前に、陸軍省人事局への栄転が決まっていたが、
捨松を釣るための餌だったと激怒。

しかし、次兄の健次郎(勝地涼)は捨松に、
一度会って自分の目で見定めてはどうかと提案する。

そこで捨松は大山から、パーティーで見掛け、
美しさが忘れられなかったと言われる。

怒りを抑え切れない浩と、迷いを捨て切れない捨松を見かねた八重は、
一計を案じる。

出演
綾瀬はるか 西島秀俊 オダギリジョー 風吹ジュン 
秋吉久美子 市川実日子 生瀬勝久 反町隆史ほか





東京ディズニーリゾートの検索情報
↓ ↓ ↓ ↓ クリック
http://yakkun.ciao.jp/EX5coRysSd/









大河ドラマ 八重の桜 第42話 あらすじ [大河ドラマ 八重の桜 あらすじ]



10月20日 (日) 20:00-20:45 NHK総合


あらすじ
1882(明治15)年、板垣退助(加藤雅也)が演説会で襲撃された事件は、
自由は死せずの言葉とともに全国に広まり、政党政治確立の機運が高まる。

襄(オダギリジョー)は板垣を見舞い、日本初の私立大学設立への協力を頼む。

また襄は、新婚のみね(三根梓)と伊勢(黄川田将也)を連れ立って
八重(綾瀬はるか)と共に、会津への伝道旅行に出掛けることになった。

みねを連れていくことにしたのは、八重の中に、
生き別れたうら(長谷川京子)に再会できるかもしれないという
淡い期待があったからだ。

そしてついに踏みしめる15年ぶりの故郷の土。

山本家が立っていた場所は長屋に変わっていたが、
かすかに角場の遺構を見つけて思い出に浸る八重とみね。

するとそこへ下働きだったお吉(山野海)が現れ、
うらの消息について重い口を開く。


出演
綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川京子 
オダギリジョー 三根梓 風吹ジュン













大河ドラマ 八重の桜 第32話 あらすじ [大河ドラマ 八重の桜 あらすじ]


京都の覚馬(西島秀俊)が暮らす家で、
八重(綾瀬はるか)・佐久(風吹ジュン)
みね(池田沙弥花)が同居する初めての朝。

みねは母の事が忘れられず、家を飛び出す。


8月11日 (日) 20:00-20:45 NHK総合


あらすじ
京都の覚馬(西島秀俊)が暮らす家で、八重(綾瀬はるか)、
佐久(風吹ジュン)、みね(池田沙弥花)が同居する初めての朝。

台所を手伝おうとする八重だが、時栄(谷村美月)の
段取りの早さについていけない。

みねは、うら(長谷川京子)のことが忘れられず、
母屋を飛び出し泣き崩れる。

しかし、みねの後を追おうとした八重を覚馬は厳しく制止する。

そして八重に、自らが取り組む京都再建の片腕になるよう命じる。


出演
綾瀬はるか 西島秀俊 風吹ジュン 谷村美月
水原希子 吉川晃司ほか


原作 山本むつみ




レディスファッションについてのさらなる情報
↓ ↓ ↓ ↓ クリック
http://yakkun.ciao.jp//OpNm9hmO0C













大河ドラマ 八重の桜 第28話 あらすじ [大河ドラマ 八重の桜 あらすじ]


新政府軍が大砲による攻撃を開始。

八重(綾瀬はるか)は尚之助(長谷川博己)とともに
山砲を操って反撃を試み、見事命中するが、
敵からの砲撃がさらに激化する。

7月14日 (日) 20:00-20:45 NHK総合


あらすじ
恭順を主張する頼母(西田敏行)は、
容保(綾野剛)の命令で城を出される。

八重(綾瀬はるか)は秋月(北村有起哉)から、
頼母の妻や娘らが自害したことを聞き、
思いを込めて頼母を見送る。

竹子(黒木メイサ)の死に、心を痛める八重だったが、
城に間近な小田山からの砲撃が始まったのを知り、
尚之助(長谷川博己)の元へ駆けていく。

そして尚之助と共に反撃を試みる。

砲弾は見事命中するが、
敵からの砲撃はさらに激しさを増し、城内に動揺が走る。

そんな中、八重は撃ち込まれた砲弾に
ぬれた着物をかぶせることで、
爆発を未然に防ぐ荒業を繰り出してみせる。

それを垣間見た容保は、八重を陣所に呼び出し、
砲弾の構造を説明させる。

しかしその後、八重の荒業が思わぬ悲劇を生んでしまう。


出演
綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 綾野剛 
稲森いずみ 西田敏行






ショートパンツについての最新ニュース!!
↓ ↓ ↓ ↓ クリック
http://yakkun.ciao.jp/xM0sEdLC4X/









大河ドラマ 八重の桜 第26話 あらすじ [大河ドラマ 八重の桜 あらすじ]


八重(綾瀬はるか)は城下を
佐久(風吹ジュン)らと共にひた走り、
鶴ヶ城に入城する。

そして「鉄砲隊は私が指揮する」と
名乗り出る。

いよいよ八重の戦いが始まる!


6月30日 (日) 20:00-20:45 NHK総合

あらすじ
八重(綾瀬はるか)は、半鐘が鳴り響く城下を
佐久(風吹ジュン)らと共にひた走り、鶴ケ城に入城する。

八重は亡き弟・三郎の軍服をまとい、
肩からスペンサー銃を提げていた。

照姫(稲森いずみ)は弟と共に戦うという八重に、
「鉄砲に会津武士の魂を込めよ」と言葉を掛ける。

八重は城を守るため、鉄砲隊の指揮を執り始める。

出発が遅れたユキ(剛力彩芽)たちは刻限に遅れて城に入れず、
敵弾飛び交う城下を逃げ惑う。

一方、頼母(西田敏行)の登城後、
自邸に残った妻・千恵(宮崎美子)や娘たちは自刃の道を選び、
壮絶な最期を遂げる。

新政府軍の大山(反町隆史)らは、
主力軍が郭外に散って手薄になった鶴ケ城へ向けて
一気に兵を進めていた。

だが、出丸の内側から撃たれ続ける精度の高い弾道に進軍を阻まれる。

八重は長い髪をばっさりと切り、夜襲の兵に志願する。


出演
綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 佐藤B作 
宮崎美子 西田敏行






 プチ贅沢をしませんか 








八重の桜 松方弘樹が役柄への思いを語る [大河ドラマ 八重の桜 あらすじ]


20:00-20:45 NHK総合

大河ドラマ「八重の桜」で京の顔役として君臨し、
八重や覚馬に影響を与える人物・大垣屋清八を演じる松方弘樹

NHK大河ドラマ「八重の桜」で第12回「蛤御門の戦い」から
会津を支える京都商人の顔役・大垣屋清八として登場している
松方弘樹が、役柄への思いなどを語った。

大垣屋清八は、京都の大名藩邸の御用達を受けていた
人足口入れ業の元締め。資材の調達や土木工事、
情報提供などをしていた。

学問や武術の心得があり、「京の顔役」として君臨。

幕末の京都に攘夷の嵐が吹き荒れ、治安が悪化する中、
会津藩を陰日なたになって助ける。


清八が影響を与える覚馬については
「時代を先取りしているし、とても世の中を
しっかり見ている人だと感じます。
あの時代は先見の明を持った人がたくさんいたと思いますが、
その中の一人だと思いますね」と語り、

覚馬を演じる西島については
「昔、『藏』('95年)という映画で共演したときは
ものすごく若い印象でしたが、今ではもうすっかり
素晴らしい俳優さんになりましたね」と絶賛した。

最後に松方は「『八重の桜』では会津を舞台にしていますし、
東北復興のためにも頑張って取り組んでいきたいと思います」と
締めくくった。

6月30日(日)放送の第26回「八重、決戦のとき」では、
前半のクライマックスとなる会津戦争・鶴ヶ城籠城戦が描かれる。

清八は、病に倒れ京都の養生所で寝込む覚馬を見舞う。






★ プチ贅沢をしませんか ★









大河ドラマ 八重の桜 第21話 あらすじ [大河ドラマ 八重の桜 あらすじ]


5月26日 (日) 20:00-20:45 NHK総合

あらすじ
鳥羽伏見の戦いで会津藩は苦戦を強いられる。

会津では八重(綾瀬はるか)が、
夫・神保修理(斎藤工)の無事を祈る
雪(芦名星)を励ましていた。

戦況は好転せず、初陣を果たしたばかりの
八重の弟・三郎(工藤阿須加)は敵弾に
倒れてしまう。

敗北を察した慶喜(小泉孝太郎)は、
夜陰に乗じて容保を供にひそかに大坂から出帆、

藩士たちも納得できないまま江戸へ退散する。

しかしその後、会津には徳川とともに
朝敵の裁定が下される。


出演
綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 
綾野剛 玉山鉄二 西田敏行ほか






トロピカルマリアに関する最新ニュース
http://yakkun.ciao.jp/InceGpr8L9/










大河ドラマ 八重の桜 第17話 [大河ドラマ 八重の桜 あらすじ]


小堺さんに関しては、私も同感。

岩倉具視のイメージが大きく覆ってしまいました。

八重の花嫁姿はきれいでしたね。

そのあと父親にたしなめられて
銃から離れた八重に言った夫庄之助の言葉もよかった。


今は歴史の動きのほうが正直興味深いけど、
山本家のほのぼのとした雰囲気も好きです。


4月28日 (日) 20:00-20:45 NHK総合

長崎からの贈り物
会津の八重のもとに、スペンサー銃が届く… 


出演
綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 綾野剛 
斎藤工 西田敏行ほか 






★ 夏に向かってのダイエットはコチラ 










前の10件 | - 大河ドラマ 八重の桜 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます