So-net無料ブログ作成
ドラマ ビブリア古書堂の事件手帖 あらすじ ブログトップ

ビブリア古書堂の事件手帖 最終回 あらすじ [ドラマ ビブリア古書堂の事件手帖 あらすじ]


3月25日 (月) 21:00-21:54 フジテレビ


あらすじ
母・智恵子(安田成美)に金庫の鍵を奪われたと確信する
篠川栞子(剛力彩芽)は、智恵子よりも早く暗号を解いて
暗証文字を入手することを目指す。  

その後、栞子と五浦大輔(AKIRA)がビブリア古書堂に戻ると、
智恵子がカウンターに座り本を読んでいた。

智恵子は栞子に、金庫の中身は何だと思うかと聞く。

栞子が、江戸川乱歩の未発表の草稿か何かだろうと答えると、
智恵子は「押絵と旅する男」の第一稿だと言った。

それは乱歩の代表作のひとつだが、
第一稿は乱歩自身の手で破棄されたと言われている。

信じられない話だが、智恵子は鹿山明(須永慶)の父親と
乱歩の接点を明かした。

その意外な事実に志田肇(高橋克実)も驚きを隠せない。  

何としても第一稿を読みたい智恵子は、
栞子に協力を持ちかける。

一緒に暗号を解くなら、第一稿以外の乱歩コレクションは
山分けにしてもいいと。

栞子は、自分は鹿山が来城慶子(高樹澪)に残したものを
本人に届けたいだけだと、智恵子の提案を断る。  

栞子らが、鹿山と慶子の関係を精査するうち、
鹿山が乱歩の「少年探偵団」シリーズを、
別宅から娘の直美(横山めぐみ)が暮らす本宅に移した時期に、
3年の空白が生じる。

その間、「少年探偵団」シリーズはどこに置かれていたのか。

大輔や志田らが考えを巡らす中、栞子の携帯が鳴る。

それは鹿山の本宅にいた直美からで、
智恵子が現れたと伝える電話だった。


出演
剛力彩芽 AKIRA 安田成美 高橋克実


原作 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』




おすすめサイト
↓ ↓ ↓ ↓
★ ブランド化粧品はコチラをどうぞ!!













ビブリア古書堂の事件手帖 第10話 あらすじ [ドラマ ビブリア古書堂の事件手帖 あらすじ]


3月18日 (月) 21:00-21:54 フジテレビ


あらすじ
栞子(剛力彩芽)は、古書に関する特別な
相談があると連絡を受け、大輔(AKIRA)と
共に慶子(高樹澪)が暮らす洋館を訪れる。

案内された書庫は、推理作家・江戸川乱歩の
コレクションで埋め尽くされていた。

そのコレクションは、昨年死去した慶子の
夫のものだが、ある条件が解決されれば、
売ってもいいという。

その条件とは、洋館にある巨大な金庫を開ける
ことだった。

栞子は大輔らに、金庫を開けるためには鍵、
4桁のダイヤル番号、暗証番号が必要だと告げる。

その後、栞子と大輔は、コレクションの中に
井上(佐野史郎)が経営する店で購入したと
思われる本があったため、井上の店を訪ねる。

栞子が、慶子を知っているかと尋ねると、
店員の直美(横山めぐみ)はわずかに反応したが、
井上は知らないの一点張りだった。

直美の存在が気になる大輔に志田(高橋克実)は、
以前にも直美が井上の店で働いていたこと、
彼女の父・鹿山(須永慶)は昨年事故死した、
有名な政治学者だったことを話す。

さらに藤波(鈴木浩介)は、
鹿山が「1915」というダイイングメッセージを
残していたことを教える。


出演
剛力彩芽 AKIRA 佐野史郎 松田美由紀 
安田成美 高橋克実 他


花粉症はヨーグルトで緩和されます。

おすすめサイト ↓ ↓ ↓ ↓ 花粉症 ヨーグルトのニュース提供します!
http://yakkun.ciao.jp/zU8cGZQEF0/



















ビブリア古書堂の事件手帖 8話 あらすじ [ドラマ ビブリア古書堂の事件手帖 あらすじ]


3月4日 (月) 21:00-21:54 フジテレビ


あらすじ
栞子(剛力彩芽)とは親の代から付き合いがあるという、
古書店店主の滝野(柏原収史)が来訪する。

志田(高橋克実)は、滝野を栞子の幼なじみ兼相談役だと
大輔(AKIRA)に紹介。

大輔が、栞子の役に立っている滝野をうらやましく
思う一方、滝野は本が読めない大輔を冷めた様子で見る。

そんな折、大輔は栞子に頼まれ、
古書店同士の古書交換会に一緒に出掛ける。

栞子は値段が張る絶版のSF文庫に入札するが、
他店の店主・井上(佐野史郎)に競り負けてしまう。

その夜、栞子は自宅から持ち込んだ「たんぽぽ娘」の本を
「絶版文庫」の棚に出すことに。

高値を付けたその本に大輔が興味を示していると、
井上がやって来て、自分が落札した「たんぽぽ娘」を
返すよう迫る。


出演
剛力彩芽 AKIRA 佐野史郎 安田成美 
高橋克実


原作 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』























ビブリア古書堂の事件手帖7話 あらすじ フジテレビ [ドラマ ビブリア古書堂の事件手帖 あらすじ]


2月25日 (月) 21:00-21:54 フジテレビ

あらすじ
病院の屋上に隠れた栞子(剛力彩芽)は、
「晩年」を手に入れようとする笠井(田中圭)と対面、
本を渡せと迫る彼を前に意外な行動に出る。

その後、退院した栞子が店にいると、
須崎(井浦新)という男性が買い取りの依頼で来店。

須崎は栞子に足塚不二雄の「UTOPIA 最後の世界大戦」の
買い取り価格を尋ねる。

そして車を移動すると言い店を出ると、
持ち込んだ本と書きかけの買い取り表を残したまま
戻って来なかった。


出演
剛力彩芽 AKIRA 田中圭 井浦新   
安田成美 高橋克実ほか






















ドラマ ビブリア古書堂の事件手帖 第6話 あらすじ  [ドラマ ビブリア古書堂の事件手帖 あらすじ]


2月18日 (月) 21:00-21:54 フジテレビ


あらすじ
栞子(剛力彩芽)が階段から落ちてけがをした。

病院に駆け付けた大輔(AKIRA)に、
栞子はある男に突き落とされたと打ち明ける。

栞子によると半年ほど前から太宰治の「晩年」を
譲ってほしいというメールがしつこく送られ、
内容が次第に脅迫めいてきたので用心していたという。

その「晩年」は祖父の時代から代々店と
一緒に受け継がれてきた個人的なコレクションで、
初版のうえ署名まで入っている、価値の高い品だ。


出演
剛力彩芽 AKIRA 田中圭 鈴木浩介 高橋克実


原作 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』





















ドラマ ビブリア古書堂の事件手帖 あらすじ 原作 [ドラマ ビブリア古書堂の事件手帖 あらすじ]


2月4日 (月) 21:00-21:54 フジテレビ


あらすじ
栞子(剛力彩芽)は、客の自宅に出張して本を買い取る
”宅買い”に大輔(AKIRA)を連れて行く。

訪ねた先は玉岡家で、依頼者の聡子(森口瑤子)は、
3カ月前に他界した父親の蔵書を処分してほしいという。

蔵書は主に純文学や詩集で、中には貴重な初版本もあった。

聡子は栞子に、買い取りとともに、前日に書斎から
盗まれた宮沢賢治の「春と修羅」の初版本を
取り戻してほしいと依頼。

父親は「春と修羅」の初版本を2冊持っていたが、
状態の良くない方が盗まれたのだという。

聡子がその消失に気づいたのは、昨夜、遺産のことで
クレームを付けに来た兄の一郎(大河内浩)と
姉の小百合(峯村リエ)が帰宅した直後。

二人の来訪の直前に本の存在を確認していた聡子は、
帰宅した二人に電話で問い詰めたが、
どちらも犯行を否定しているという


出演
剛力彩芽 AKIRA 田中圭 高橋克典ほか


原作 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』




























ドラマ ビブリア古書堂の事件手帖 あらすじ 原作 [ドラマ ビブリア古書堂の事件手帖 あらすじ]


1月28日 (月) 21:00-21:54 フジテレビ


あらすじ
怪しげな男・昌志(中村獅童)が店を訪れ、
ヴィノグラードフ・クジミン著「論理学入門」という
古そうな本の買い取りを依頼。

だが、焦っている様子の昌志は栞子(剛力彩芽)の
査定を待たず、翌日来ると言って去ってしまう。

さっそく査定を始めた栞子は、
奥付に貼られた紙から、この本が刑務所の図書館で
貸し出されたものだと気付く。

そんな折、刑務所からの脱走犯が
鎌倉で目撃されたとの情報が、
藤波(鈴木浩介)から入る。


出演
剛力彩芽 AKIRA 高橋克実



原作 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』





















ビブリア古書堂の事件手帖 あらすじ 出演者 [ドラマ ビブリア古書堂の事件手帖 あらすじ]


1月21日 (月) 21:00-21:54 フジテレビ


あらすじ 出演者
古書の転売で生計を立てている‘せどり屋’の
志田(高橋克実)が、小山清の
「落ち穂拾ひ/聖アンデルセン」を何者かに盗まれた、
と栞子(剛力彩芽)のもとを訪ねる。

志田は自分の自転車にぶつかった女子高生が怪しいと栞子と
大輔(AKIRA)に話すが、本を捜そうという栞子の提案は断る。

それが志田にとって大事な本だったと栞子から聞いた大輔は、
現場で女子高生と遭遇していた志田の仲間・笠井(田中圭)に
会いに行く。


出演
剛力彩芽 AKIRA 田中圭 高橋克実 


【原作】 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』



















ドラマ ビブリア古書堂の事件手帖 あらすじ 出演 [ドラマ ビブリア古書堂の事件手帖 あらすじ]


古書店の店主(剛力彩芽)が、古書にまつわる
謎や秘密を解き明かし、人と人との絆を
紡いでいくヒューマンミステリー


1月14日 (月) 21:00-22:09 フジテレビ


あらすじ
鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている
古書店「ビブリア古書堂」。

その店主・栞子(剛力)は極度の人見知りだが、
古書に関する知識はずば抜けて豊富で、
本について話すときだけ雄弁になる一風変わった性格だ。 

そんなビブリア古書堂にある日、幼いころからの
活字恐怖症を抱える大輔(AKIRA)がやって来た。

亡き祖母・絹子(赤座美代子)が残した本の処分を
母・恵理(松坂慶子)から頼まれたためで、
その中の1冊「夏目漱石全集第八巻それから」に記された
著者のサインが本物かどうか、鑑定を栞子に頼む。 

すると栞子は30分以上考え込んだ末、
サインが偽物なのは一目見て分かったと言い、
その本が絹子の大切な人からのプレゼントだったのでは
ないかと話し出す。


出演
剛力彩芽 AKIRA 鈴木浩介 安田成美 
松坂慶子 高橋克実 






















ドラマ ビブリア古書堂の事件手帖 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます