So-net無料ブログ作成
ドラマ カラマーゾフの兄弟 あらすじ ブログトップ

カラマーゾフの兄弟 最終回 あらすじ [ドラマ カラマーゾフの兄弟 あらすじ]


3月23日 (土) 23:10-23:55 フジテレビ


あらすじ
勲(市原隼人)は、事件当日の行動に不審な点があった
使用人・末松(松下洸平)に、父・文蔵(吉田鋼太郎)を
殺害したのかと詰め寄る。

末松こそが、涼(林遣都)から聞かされていた
「もう一人の兄弟」だった。

末松は、文蔵は最低な男だと吐き捨て、
満(斎藤工)と涼についても否定的に語るが、
勲だけは、自分の兄としてふさわしいと話す。

さらに、末松は、文蔵との間にあった出来事を
告白し始める。

一方、警察署に駆け込み、刑事の入江(滝藤賢一)に
真犯人の存在を伝えた涼は、入江と共に急いで
黒沢邸へ向かう。

そんな中、満には、着々と起訴が迫っていた。


出演
市原隼人 斎藤工 林遣都 高梨臨 滝藤賢一 
吉田鋼太郎








春のファッションに関するおすすめサイトはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
春のファッションに関する情報











カラマーゾフの兄弟 第10話 あらすじ  [ドラマ カラマーゾフの兄弟 あらすじ]


3月16日 (土) 23:40-00:25 フジテレビ


あらすじ
涼(林遣都)は、元家政婦の八重子(山野海)から
異母きょうだいがいるかもしれないと聞く。

文蔵(吉田鋼太郎)の愛人だった女性が
出産直後に亡くなり、生まれた赤ん坊は施設に
預けられたというのだ。

話を聞いた勲(市原隼人)は気になるが、
まずは満(斎藤工)の無実を証明しなければならない。

だが状況は満に不利で、
検察の主張を覆すには有力な証拠が必要だ。

1人で異母きょうだいの行方を捜す涼は、
預けられていた施設を突き止める。


出演
市原隼人 斎藤工 林遣都 滝藤賢一 
吉田鋼太


入園、入学の時期ですね。

おすすめサイト ↓ ↓ ↓ ↓ コサージュについてのソースなら
http://yakkun.ciao.jp/uj3GJ6jHqK/





















ドラマ カラマーゾフの兄弟 9話 あらすじ [ドラマ カラマーゾフの兄弟 あらすじ]


3月9日 (土) 23:10-23:55 フジテレビ

あらすじ
涼(林遣都)が警察署内で座っていると、
手錠を掛けられた満(斎藤工)が
刑事の入江(滝藤賢一)らに連れられて
部屋から出てくる。

その姿にショックを隠せない涼は、
満に無実を信じていると声を掛けるが、
満は無言のまま立ち去ってしまう。

一方、満から父・文蔵(吉田鋼太郎)に
そっくりだと罵倒された勲(市原隼人)は、
黒沢邸に戻った後、錯乱し、
文蔵の肖像画の近くで倒れていた。

その夜、満の無実を証明する手掛かりを
探していた涼は久留美(芳賀優里亜)から、
ある事を聞かされる。


出演   
市原隼人 斎藤工  林遣都 吉田鋼太郎





















カラマーゾフの兄弟 8話 市原隼人 [ドラマ カラマーゾフの兄弟 あらすじ]


3月2日 (土) 23:10-23:55 フジテレビ


あらすじ
涼(林遣都)は、文蔵(吉田鋼太郎)の遺体を発見した時の
衝撃を思い出して苦悩する。

父が死亡したというのに涙が出ない、と告白する涼に、
勲(市原隼人)は「自分を責める必要はない」と慰めの
言葉を掛ける。

一方、加奈子(高梨臨)は自宅で、満(斎藤工)が書いた
置き手紙を読み返す。

満が文蔵を殺害した容疑で逮捕されて犯行を認めたらしい、
と聞いていた加奈子は、その手紙のある文面が気になっていた。

そこへ、刑事の入江(滝藤賢一)らがやって来て、
加奈子は事情聴取をされる。

その後、黒沢邸を訪ねた加奈子は、勲に満の弁護を頼む。

刑事事件は専門外だからと話す勲に、加奈子は、
以前満との間にあったことを話し始める。


出演
市原隼人 斎藤工 林遣都 高梨臨 吉田鋼太郎























ドラマ カラマーゾフの兄弟 あらすじ フジテレビ [ドラマ カラマーゾフの兄弟 あらすじ]


2月23日 (土) 23:10-23:55 フジテレビ

あらすじ
意識を取り戻した小栗(渡辺憲吉)は、刑事・入江(滝藤賢一)に、
事件当日、屋敷に居たのは満(斎藤工)だったと明かす。

外出から戻った小栗は、文蔵(吉田鋼太郎)と争う満を
止めようとして、階段から突き落とされたと話す。  

満は、屋敷に行ったことは認めるが、文蔵殺しは否定する。

そんな中、涼(林遣都)は入江から身の潔白を証明するため、
事件当日の行動を話すよう迫られる。

しかし、涼は口を閉ざしたまま何も語らない。

あの日、文蔵が仕事のために母親の体を利用していたことを知った涼は、
ある目的のため文蔵の事務所に忍び込んでいたのだ。

同じころ、東京に戻るため屋敷を出た勲(市原隼人)が、
途中で引き返していたことをタクシーの運転手が証言する。

勲は、入江からその理由を問い詰められる。


出演
市原隼人 斎藤工 林遣都 高梨臨   
滝藤賢一 吉田鋼太郎





















ドラマ カラマーゾフの兄弟第6話 あらすじ 市原隼人 [ドラマ カラマーゾフの兄弟 あらすじ]


2月16日 (土) 23:10-23:55 フジテレビ


あらすじ
刑事の入江(滝藤賢一)は、文蔵(吉田鋼太郎)の使用人の
末松(松下洸平)から事情を聴いていた。

末松は事件当日の午後3時すぎに昼食を取るが急に気分が
悪くなり、屋敷の離れで休むことに。

代わりに用事を済ませに外出した小栗(渡辺憲吉)が
忘れ物に気付き屋敷へ引き返したところ、ある人物に
階段から突き落とされたという。

その人物を小栗から聞き出そうとする入江。

ある朝、涼(林遣都)は、2階から下りてきた文蔵と
久留美(芳賀優里亜)のいちゃつく姿に思わず目をそらす。

その一連の様子を見ていた勲(市原隼人)。

勲と涼は、前日に世の不条理について激論を交わしたこともあり、
気まずい雰囲気になっていた。

しかし、話が満(斎藤工)の件になると、
どちらにも連絡がないことを知り心配になる。


出演
市原隼人 斎藤工 林遣都 滝藤賢一 吉田鋼太郎





















ドラマ カラマーゾフの兄弟 あらすじ 出演者  [ドラマ カラマーゾフの兄弟 あらすじ]


2月9日 (土) 23:10-23:55 フジテレビ


あらすじ
事件4日前の朝、下請け業者の杉山(水野智則)が
屋敷を訪ねてきた。

勲(市原隼人)は、土下座して許しを請う杉山を
突き放す文蔵(吉田鋼太郎)の冷酷さに絶句。

一方、涼(林遣都)は
杉山の息子・一郎(樋口海斗)から母親が
手術を受けることになったと聞き、
文蔵が起こした問題に立ち向かう覚悟をする。

その夜、満(斎藤工)はバーで久留美(芳賀優里亜)と
顔を会わせた。

同じころ、勲に助けを求めた涼は、
現実を突き付けられがくぜんとなる。


出演
市原隼人 斎藤工  林遣都 吉田鋼太郎 


























ドラマ カラマーゾフの兄弟 あらすじ 出演者 [ドラマ カラマーゾフの兄弟 あらすじ]


2月2日 (土) 23:10-23:55 フジテレビ

あらすじ 
涼(林遣都)は、文蔵(吉田鋼太郎)の死に直面しても
不思議と涙が出なかったと、刑事(滝藤賢一)に打ち明ける。

事件前、父に従順に生きてきた涼は、
文蔵の息子であることで居心地の悪い毎日を送っていた。

そんなある日、涼は大学で園田教授(小野寺昭)が
主催する不登校児の集まりに参加。

一方で、涼は、親しくなった少年・一郎(樋口海斗)の
父親が営む工務店を文蔵が勲(市原隼人)に
つぶさせるつもりだと知り、ショックを受ける。


出演
市原隼人 齋藤工  林遣都 小野寺昭  
滝藤賢一 吉田鋼太郎























ドラマ カラマーゾフの兄弟 あらすじ 市原隼人 [ドラマ カラマーゾフの兄弟 あらすじ]


ロシアの文豪ドストエフスキーの原作を
連続ドラマ化した心理サスペンス。


1月12日 (土) 23:10 ~ 23:55 フジテレビ

あらすじ
黒澤家の満(斎藤工)、勲(市原隼人)、涼(林遣都)の
3兄弟は、父親の文蔵(吉田鋼太郎)殺しの容疑で
警察の取り調べを受ける。

文蔵は町の有力者だったが、
周囲の誰もが死を願うほど恨まれていた。

事件前、弁護士の勲は家族会議を開くという文蔵に命じられ、
久しぶりに屋敷に帰宅。

満によると、家族会議は投資に失敗した満が
文蔵に要求した財産の生前贈与を話し合うのが
目的のようだった。

が、文蔵は仕事を理由に姿を現さなかった。


出演
市原隼人 斎藤工 林遣都 吉田鋼太郎 






















ドラマ カラマーゾフの兄弟 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます