So-net無料ブログ作成
大河ドラマ 平清盛 見どころ  ブログトップ
前の10件 | -

大河ドラマ 平清盛 最終回 あらすじ [大河ドラマ 平清盛 見どころ ]


12月23日 (日) 20:00-20:45 NHK総合

最終回 あらすじ
清盛(松山ケンイチ)が熱病で倒れた。


清盛は生き霊となって西行(藤木直人)のもとに現れ、
問答の中で自分の人生の意味を知る。

一方、京で倒れた清盛の肉体のもとには続々と人々が
駆け付けていた。

そんな中、清盛は息を引き取る。

その後、平家一門の運命は坂を転がるように変転し、
壇の浦での滅亡に至る。

時子(深田恭子)は安徳天皇(田中ゆうた)を抱いたまま、
海峡に沈んだ。

海底には青龍刀を掲げる若いころの清盛の姿をはじめ、
平家一門の姿があった。


出演
松山ケンイチ 深田恭子 杏 藤木直人 
上川隆也ほか


ねんどろいど 初音ミク

















大河ドラマ 平清盛 あらすじ 内容 [大河ドラマ 平清盛 見どころ ]


12月16日 (日) 19:10-19:55 NHK総合


あらすじ 内容
高倉上皇(千葉雄大)崩御の知らせに
清盛(松山ケンイチ)は言葉を失う。

清盛は幼い安徳天皇の後ろ盾として、
後白河法皇(松田翔太)を復権させるという
危険な賭に出る。

苦境に追い込まれる清盛を時子(深田恭子)は
気楽に参りましょうと温かく励ます。

一方、頼朝(岡田将生)は鎌倉で東国武士による
新たな政治を始めていた。

そのウワサを西行(藤木直人)から聞いた清盛は
頼朝との決戦に備えるが、
突然の熱病に侵され意識を失う。


出演
松山ケンイチ 松田翔太ほか






















大河ドラマ 平清盛 あらすじ 内容 [大河ドラマ 平清盛 見どころ ]


ついに物語は前半最大の山場・保元の乱へ!

清盛(松山ケンイチ)は、後白河帝(松田翔太)
崇徳上皇(井浦新)どちらにつくのか?

戦闘前夜の緊張感が京の都を駆け巡る!


5月20日 (日) 20:00-20:45 NHK総合


あらすじ 内容
崇徳上皇(井浦新)と頼長(山本耕史)は、
虐げられた者同士、共闘しつつあった。

信西(阿部サダヲ)はそんな二人に謀反の疑いを掛け、
武士たちに後白河天皇(松田翔太)の側に付くように
命令を出す。

為義(小日向文世)は崇徳上皇と頼長の側に付き、
清盛(松山ケンイチ)は上皇側、天皇側どちらにも
付かないと表明する。

一方、義朝(玉木宏)は為義を裏切り、後白河天皇側に付く。

後白河天皇は、なかなか決断しない清盛を屋敷へ呼び、
話し合う。

後白河天皇は、たとえ勝っても武士の思うような世など
やって来ないと清盛に語るが、本心は別のところに
あるようだった。

それを悟った清盛は平家一門に、後白河天皇が自分と
互角に渡り合える所に上ってこいと言っていると告げ、
だから平家は天皇側に付くと伝える。

だが家盛(大東駿介)の弟、頼盛(西島隆弘)は、
天皇側に付くことを迷っていた。



出演
松山ケンイチ 中井貴一 玉木宏 武井咲 
松田翔太 阿部サダヲ 山本耕史 和久井映見







大河ドラマ 平清盛 関連グッズはコチラ 































大河ドラマ 平清盛 ねたばれ 番組内容 [大河ドラマ 平清盛 見どころ ]


カリスマ・鳥羽法皇(三上博史)ついに崩御。

積年の怨さを抱える崇徳上皇(井浦新)が
とった行動とは?

そして清盛は?

朝廷のパワーバランスが崩れ時代はついに
保元の乱へ!


5月13日 (日) 20:00-20:45 NHK総合


ねたばれ 番組内容
1155(久寿2)年7月。後白河天皇(松田翔太)が即位し、
朝廷は騒然となる。

信西(阿部サダヲ)は、鳥羽法皇(三上博史)への助言が
功を奏し、政での実権を握ったと満足げな様子。

その裏で、崇徳上皇(井浦新)は法皇への憎しみを増幅させ、
片や法皇は、写経に没頭し贖罪していた。

清盛(松山ケンイチ)は、この父子関係を修復しようと
決意する。

そんな折、法皇が目の痛みを訴え、
「頼長(山本耕史)が呪ったのでは」とのうわさが流れる。

頼長は法皇に弁明しようとするもかなわず、失脚する。

同じころ、義朝(玉木宏)が義賢(阪本浩之)を襲って
「友切の太刀」を奪い、為義(小日向文世)との決別が決定的に。

やがて10月。後白河天皇即位のうたげの席に、
上皇から祝いの歌が届く。

だが歌には憎しみの意が込められていると判明。

法皇は怒り狂い、そのまま倒れてしまう。



出演
松山ケンイチ 中村梅雀 玉木宏 松田翔太 
成海璃子 武井咲 松雪泰子 三上博史 




「平清盛」の最新巻 藤本有紀





大河ドラマ 平清盛 関連商品はコチラ 




































大河ドラマ 平清盛 番組内容 ネタバレ [大河ドラマ 平清盛 見どころ ]


ついに近衛天皇が崩御。

再び帝の後継者争いが激化。

鳥羽院(三上博史)と崇徳院(井浦新)の
権力争いも本格化。

一方雅仁親王(松田翔太)は乙前(松田聖子)と
運命の出会い

5月6日 (日) 20:00-20:45 NHK総合


番組内容 ネタバレ
1154(久寿元)年春。近衛天皇(北村匠海)の容態が悪化し、
美福門院(松雪泰子)は祈りをささげる。

一方、鳥羽法皇(三上博史)は、崇徳上皇(井浦新)を
虐げてきたせいだと自責の念に駆られていた。

そんな法皇を案じる家成(佐藤二朗)も、同じころ病に伏す。

家成は、見舞いに訪れた清盛(松山ケンイチ)に
法皇の力になってほしいと頼み、やがて死去する。

同年11月、清盛は上皇に謁見。上皇は天皇の没後、
重仁親王(雄大)がみかどの座に就くものと考え、
政に携われると血気盛んに。

協力を求められた清盛は、法皇に忠義を尽くす身と断るも、
上皇の情熱に心を動かされる。

その後、清盛は法皇と上皇の仲を取り持つことを決断。

法皇に謁見し、上皇にわびてほしいと申し出る。

そんな中、雅仁親王(松田翔太)はわれ関せずと、
美濃へ旅に出る。


出演
松山ケンイチ 中村梅雀 松田翔太 松田聖子 
松雪泰子 三上博史


「平清盛」の最新巻 藤本有紀





大河ドラマ 平清盛 関連商品はコチラ 




























大河ドラマ 平清盛 番組内容 ネタバレ [大河ドラマ 平清盛 見どころ ]


ついに平氏の棟りょうになった清盛(松山ケンイチ)は
歌会に呼ばれ…時子(深田恭子)と子との家族愛の物語。

平氏一門を率いた新棟りょう清盛の伝説はここから始まる。

第2部開始!

武士の世をめざす!

4月29日 (日) 20:00-20:45 NHK総合


番組内容 ネタバレ
1153(仁平3)年冬。平氏一門の棟梁になった清盛(松山ケンイチ)は、
忠盛(中井貴一)の遺志を継ぎ、家人の前で武士の地位向上を宣言した。

だが程なく、棟梁の務めが手に余り、忠盛の偉大さを思い知る。

そんな折、家成(佐藤二朗)が棟梁のお披露目をするための歌会を
提案する。

歌の苦手な清盛は信西(阿部サダヲ)に助けを求めるが、
あっさりと断られて窮地に追い込まれる。

前日になってもまだ歌が浮かばずにいら立ち、つい時子(深田恭子)に
八つ当たりして、明子(加藤あい)と比べる発言をしてしまう。

一方、義朝(玉木宏)は側室に迎えた常盤(武井咲)を心の支えに、
気力体力共に満ちあふれていた。

だが、為義(小日向文世)はそんな義朝が目障りになり、
源氏の跡継ぎの証しである「友切」を義賢(阪本浩之)に授け、
東国へ向かわせる。



出演
松山ケンイチ 中村梅雀 玉木宏 深田恭子 上川隆也 







































大河ドラマ 平清盛 番組内容 ネタバレ [大河ドラマ 平清盛 見どころ ]


忠盛(中井貴一)がついに清盛に棟梁(りょう)の
座を譲り、世を去る。

すべてのもののふたちに「武士の世」の夢を
与えた誇り高き男が、最後に語った一言とは…

第一部完結!

4月22日 (日) 20:00-20:45 NHK総合


番組内容 ネタバレ
美福門院(松雪泰子)の策略は、
増長する忠実・頼長親子(國村隼・山本耕史)をワナにかけ、
その報復に平氏を使って彼らを襲撃させるというものだった。

病床の忠盛(中井貴一)は判断に迷うが、
そこに安芸から清盛(松山ケンイチ)が帰り、
ある決断を迫る。

すべてのもののふたちに、武士の世の夢を与えた
誇り高き男がついに世を去る…。

次の平氏の棟りょうになったのは…!

出演
松山ケンイチ 玉木宏 山本耕史 小日向文世 
松雪泰子 和久井映見 中井貴一 






大河ドラマ 平清盛 関連グッズはコチラ 


























大河ドラマ 平清盛 番組内容 ネタバレ [大河ドラマ 平清盛 見どころ ]


4月15日 (日) 20:00-20:45 NHK総合


番組内容 ネタバレ
家盛(大東駿介)は、藤原頼長(山本耕史)の謀略にはまり、
失意のうちに落馬死する。

激しく泣く宗子(和久井映見)を前に、忠正(豊原功補)は、
家盛が死んだのは全て清盛(松山ケンイチ)のせいだと
清盛につかみかかる。

家盛の死に直面した平氏一門は、初めて大きく揺れる。

だが、棟梁(とうりょう)の忠盛(中井貴一)は、
息子の死に揺らぐことなく、鳥羽院(三上博史)への
忠誠を誓い、高野山の宝塔再建を清盛の名代で
推し進めることを進言する。

清盛は迷いながらも再建を進める。

やがて1年がたち、院号を受けて美福門院となった
得子(松雪泰子)に呼ばれた忠盛は、この再建が
落成した暁には、公卿の地位も夢ではないとほのめかされ、
高揚する。

しかし、その時、頼長が忠盛の前に現れる。


出演
松山ケンイチ 玉木宏 藤木直人 山本耕史 
和久井映見 中井貴一 







平清盛 NHK大河ドラマ 関連グッズはコチラ 


























大河ドラマ 平清盛 番組内容 ネタバレ [大河ドラマ 平清盛 見どころ ]


家盛(大東駿介)が清盛と反目!

平氏の嫡男争いが激化する。

そして家盛に接近する頼長(山本耕史)。

頼長が家盛にしかけたこととは。

今回からついに常盤(武井咲)が登場!


4月8日 (日) 20:00-20:45 NHK総合

番組内容 ネタバレ
検非違使庁から戻った清盛(松山ケンイチ)を待っていたのは、
弟・家盛(大東駿介)の反逆ののろしだった。

“祇園事件で世を騒がせた清盛を嫡男とは認めない”と
家盛は決起する。

そのことに目をつけたのは、藤原頼長(山本耕史)。

家盛に接近し籠絡することで、平氏の武力と財力を
我が物にしようとする。

策略とは知らず、家盛は頼長の思うがままになってしまう。

また、今回から類いまれなる美貌の持ち主といわれる女性が登場。

出演
松山ケンイチ 玉木宏 武井咲 山本耕史 大東駿介 
和久井映見 中井貴一 






大河ドラマ 平清盛 関連グッズはコチラ 
























大河ドラマ 平清盛 番組内容 ねたばれ [大河ドラマ 平清盛 見どころ ]


祇園社で僧兵ともめたことをきっかけに、比叡山は
平氏の横暴だと強訴を起こす。

院の命令で止めに入った源氏兵を横目に、
清盛(松山ケンイチ)が放った一本の矢は
神聖として誰も手が出なかった神輿(しんよ)に
突き刺さる。

この一本の矢が京の都中を揺るがす大事件に。

若き日の清盛といえば、このエピソード。

比叡山の僧兵・鬼若(青木崇高)も登場。

この鬼若、後々、源平合戦の重要なキャラクターに
なっていくので、そこにも注目!


4月1日 (日) 20:00-20:45 NHK総合


番組内容 ねたばれ
1147(久安3)年、平家一門の繁栄祈願のために
祇園社を訪れていた清盛(松山ケンイチ)一行は、
僧兵ともめる。

それがきっかけで延暦寺の強訴が巻き起こってしまう。

ところがその強訴の渦中、清盛はみこしに1本の矢を射る。

その事件は、神に向かって矢を射たと朝廷、寺社、武家を
巻き込む大問題に発展する。

捕らえられた忠盛(中井貴一)と清盛の親子の処遇をめぐり、
頼長(山本耕史)と信西(阿部サダヲ)が対立。

待賢門院亡き後、権勢を振るう得子(松雪泰子)の下で
朝廷内の力関係も次第に変わり始めていた。

朝廷内は、平氏の武力を考え、それを率いる忠盛と清盛の
親子を流罪にすれば天皇家や貴族の力関係にも
大きな影響が及ぶという意見で揺れる。

ついに事の次第を知っている僧兵、鬼若(青木崇高)を
証言者として呼んで詮議が始まるが、清盛を放逐したい
頼長と弁護する信西の間で論争が続く。


出演
松山ケンイチ,中井貴一,中村梅雀,和久井映見,玉木宏,
深田恭子,豊原功補,三上博史,山本耕史,阿部サダヲ,
加藤浩次,小日向文世,松雪泰子,上川隆也,國村隼,





大河ドラマ 平清盛 関連グッズはコチラ 



































前の10件 | - 大河ドラマ 平清盛 見どころ  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます