So-net無料ブログ作成

日曜洋画劇場 HOME 愛しの座敷わらし あらすじ [日曜洋画劇場]



東京から岩手の古民家へ引っ越してきた一家が、
その家に宿る「座敷わらし」に導かれ、やがて家族の絆を取り戻していく。

荻原浩の小説を映画化。


9/21 21:00 ~ 23:10  テレビ朝日


あらすじ
東京本社で働く会社員の晃一(水谷)は、左遷同然で岩手支社へ転勤が決まり、
家族5人で築200年の古民家へ引っ越してきた。

妻・史子(安田成美)は山村独特の近所付き合いに苦戦し、
中学校2年生の長女・梓美(橋本愛)は新しい学校で孤立する。

また、小学校4年生の長男・智也(浜田龍臣)はぜんそくの持病のため
大好きなサッカーができず、晃一の母・澄代(草笛光子)には認知症の症状が
出始めていた。

晃一自身も、商品開発の仕事から慣れない営業担当になり、悪戦苦闘する。

そんな中、家の中で不思議な現象が起こり始める。

梓美や智也、さらに史子までが、いるはずのない着物姿の小さな子供を見たのだ。

近所の人によると、この地方では有名な「座敷わらし」だという。



出演
水谷豊 安田成美 橋本愛 濱田龍臣 草笛光子 飯島直子 
草村礼子 佐々木すみ江 沢木ルカ 長嶋一茂


荻原浩『愛しの座敷わらし』
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます